スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンプレートで楽ち~ん♪

夫と二人の食事
最近は、後片付けが簡単なワンプレートにはまってます♪

  298_convert_20120921113300n1.jpg
豆腐ステーキにきんぴらに夏野菜寄せ
ステーキのたれが、ちょっと多すぎたかな(^^ゞ
     
         297_convert_20120921113355n1.jpg
きゅうり、オクラ、ミニトマトをだし汁粉寒天で固めました。
下の段は豆乳を固めたもの

         301_convert_20120921120616n1.jpg
翌日は、おきまりのきんぴらバーガー
スープはビシソワーズだったかな?!      
    


      
         293_convert_20120921113521n1.jpg
野菜を素揚げして、ねぎ醤油だれを作ってかけました。もやし炒めも添えて
Rちゃんの実家から頂いたサンマは、夫が刺身にしてくれました。美味しかったよ~♪





  292_convert_20120921113558n1.jpg
豆腐ハンバーグ。切干大根の中華サラダ添えも添えて。。
このサラダは私が好きで良く作ります。





最後は、ババばか
281_convert_20120921121738m1.jpg
最近のおうちゃん
夜の入浴時にスイミングをすると、ぐっすり眠るようです。
2か月ちょっとからの習慣だそうで、自分の子育ての頃を思うとビックリだけど赤ちゃんにも水泳は良いらしいです♪

275_convert_20120921121823n1.jpg
とびきりの笑顔が可愛い~♪
スポンサーサイト

ふたりの夕食

次女や婿達がいた時は、ボリュームのあるものを作っていたけど
また夫と二人の暮らしに戻りあっさり系の食事に戻っています。
ただ連日の暑さで動物性のものも少し使ってます。

       034_convert_20120824110503n1.jpg
夏バテ解消のテレビを見て作りました。
鶏の胸肉を茹で煮し、梅干しのつけだれに漬け込み数日レシピを替えて食べられるというもの。
みず菜、のり。自宅にあったレーズン、鰹節に鶏肉とつけだれオリーブオイルを和えたサラダが絶品でした。

 

       035_convert_20120824110603n1.jpg
鶏肉の茹で汁を使ったスープ。きゅうりを角切り、トマトはすりおろし、大葉、みょうがも入れて茹で汁とつけだれで味を調え冷製スープで美味しく頂きました。



       038_convert_20120824110253no1.jpg
頂いた冬瓜。大豆たんぱくのそぼろセイタンでオクラを添えて薄味で煮ました。
中央はレンコン、人参、椎茸、厚揚げを甘めに煮て味噌、酢でしっかり味にしました。
昨日のスープは、南瓜の冷製スープ


        005_convert_20120824111454n1.jpg
冷凍しておいたトウモロコシで作ったプリン。



           032_convert_20120824110658n1.jpg
いつもは、人参りんごジュースを毎朝飲んでいますが、りんごが高騰し味も落ちてるので時に
生産者から沢山買い込み冷凍してあるブルーベリーと豆乳のジュースを飲みます。
メロンや、イチジクも冷凍しておき日替わりで楽しんでます♪



最後は、次女とおうちゃん。
ママがあやすとよく笑っていました。瞬間を撮るのは大変だけど・・
まさに”天使の笑顔” ババばかでした~(笑)
025_convert_20120824110808n1.jpg


塩麹の塩キャラメル風

今月のマクロの一般の教室 

     002_convert_20120609063131n1.jpg
豆乳、玄米甘さけ、メープルシロップ、塩麹で作りました。
程よい甘さで、美味しくて自宅でも作ってみました。自宅では、少し冷やして再度フードプロセッサーにかけ凍らせてジェラート風にしてみました。
今年の夏は、これで暑さをしのぎましょうっと♪




     003_convert_20120609063100n1.jpg
新じゃがでニョッキと、にんにく、オリーブオイルでペペロンチーヌ風のひじきの炒め煮。
豆腐のカレーオムレツ。丸豆入り野菜のプレゼ


びわの葉の手当て

例年8月はマクロの一般のお料理教室は休みとなります。
先生宅での教室だけ休みかな?先生宅に1クラス10人以上で火を使うのはね~・・


先生自身は、ヨガ教室や自然食品店での講座や講演会はあるようですが・・


今月は「びわの葉の手当て」の特別講座が先生宅で2回開催され私も昨日行ってきました。

昨日の参加者は、18人。私のいつものクラスからは4人参加でした。

びわの葉温灸は東城先生から教えてもらったそうです。
私も東城先生の「自然療法」の本はもっているけど、実際を見ると大変勉強になりました。

まずは”びわの葉こんにゃく療法”
モデルはクラスが一緒のMさん。彼女は以前は病気がちだったそうで身体中にたくさんのお灸の痕があります。

長座布団の上にゴザが敷いてありお腹周辺にバスタオルが横に敷いてありました。
こんにゃくは15分以上温めておく。
びわの葉を直接 丹田(腸の上あたり)に置き小さなタオルを敷きその上にタオルでくるんだこんにゃくをのせます。肝臓にも同じに置きます。がんはその部位にも置くと良いそうです。
そして横に敷いてあったバスタオルで身体を巻き、その上からさらに布団をかけました。
そのまま30分。
20分たったら、同時に今度は脾臓に冷えたタオルを当てます(へその脇、肋骨の下あたり)
それがおわると今度はうつ伏せになり、腎臓の手当て。
背中に2枚縦にびわの葉を置き、同じ作業をします。この時足の裏もすると良いそうです。
Mさん、とても気持ち良さそう。これなら痕も残らないし・・
使ったこんにゃくは5回位使えるそうで、1時間位たってから触らせてもらってもまだ温かったには驚きでした。


続いて”びわの葉温灸”
びわの葉の上にさらし、紙をのせたもので温めたもぐさをくるんで施術。
頭頂部のつぼから、首、肩、
002_convert_20110827071338n2.jpg
一人ずつ実際に体験。実際に温かくて気持ちよかった~

毎日朝晩髪の施術もあるので、びわの葉の手当ても毎日は無理でしょうが休みに日にやればリフレッシュになるよね~。岩盤行けない時、こんにゃく療法も同じような効果があるのでは~?!


びわの葉の煎じ薬やびわの葉エキスの作り方も教えて頂きました。
びわの種も有効とも話していました。

びわの葉の煎じ薬は、いつも飲んでるびわの葉茶と同じで手軽にできるので
私もびわの木を鉢で育てようかしら!



001_convert_20110827071403n3.jpg
講座の後は、アシスタントの先生達が作ってくれた
せいたん(肉の代わりで小麦から)やにんにく、マッシュルーム、玉ねぎ、キャベツ人参、セロリ入りの
ドライカレーと、サラダに水ようかんを美味しくいただきました♪

帰りには、点滴と同じ位栄養価があるといわれる甘酒の素(玄米)と、小豆茶を買って帰り、2時からは事務のパートに出かけました。


今週は、通常業務の合間にフレッシュ便の送付書やらメニュー作成発注に続き、お品書きやらレシピやお便り。
先週からの伊勢丹さんから毎日の発送も重なり、
おまけに事務のパートも毎日の入金処理に加え給料計算や、仕入先への振り込み処理の週でもありフルで忙しかったけど元気でやってま~す♪
今日は、これから千葉市に出かけ、帰りは次女宅に行く予定です(*^_^*)

おやき

昨日は、マクロ&家庭料理の日。
P2040852_convert_20100205164839n1.jpg P2040854_convert_20100205164736n1.jpg
玄米粥(熱々の湯気で写真が曇ってます)←からし菜漬けと梅干し添え。
かにシュウマイ、これは先生が飯田深雪先生に教わった作り方。
夜自宅で鶏肉で作ったら、私的にはこちらの方がさっぱりで美味しかった。

右は、”おやき”具は高菜炒めと、切り干し大根、胡桃レーズンあん。
高菜炒めは、高菜漬けを30分位塩抜きしてから刻み、しょうが(みじん切り)、干し椎茸(みじん切り)、人参、
もやし、えのきだけなどとごま油で炒めみりん醤油で味付けました。
そのまま、酒のつまみにもなり昨夜はこれも作り好評でした。

胡桃レーズンあんは、小豆を土鍋で煮て刻んだレーズンを混ぜると砂糖を入れなくてもとても甘くて美味しかった。 
作った皮に具を包み10分位蒸した後、ごま油で焼きました。

料理教室の後は、昨夜友人(ベアを作る友人)からメールがあり出かけました。
P2040861_convert_20100205165325n1.jpg P2040865_convert_20100205172107n1.jpg
友人からは、プレゼントされた方へのメッセージのパンフと、一般のご案内パンフの作成を頼まれました。
私にできる~?!明日は臨時で仕事なので日曜日にでも考えよう~

P2050870_convert_20100205165430n1.jpg
このバッグは、パッチワークが好きで素敵なバッグを持ってるお客様に「バッグが素敵」って言ったら
今日なんと私ともう一人の方分を作ってきてくれました
中はポケットもたくさんついていて使いやすそうですありがとうございました。

豚肉のみそ焼き

第一木曜日の7日は、「マクロ&家庭料理教室」でした。
  今年初の料理はこちら
        
            DVC00111_convert_20100107160746n1.jpg
  下左から ”甘酒浅漬け”  ”玄米ご飯(蕪の葉のふりかけ)” ”蓮根の七福蒸し”
  上左から ”酒饅頭”  ”豚肉のみそ焼き”


            DVC00108_convert_20100107160614n1.jpg
甘酒浅漬けは蕪、人参を塩もみして、甘酒150mlと小匙1/2の塩を混ぜたものに野菜を混ぜ少し圧をかけて1晩置いたものです。あっさりめの甘さで美味しかったです。


            DVC00109_convert_20100107160659n1.jpg
蓮根の七福蒸しは、白身魚に塩を振り、熱湯をくぐらせたものを一人用の小鉢にいれ蓮根をすりおろしたものに人参、絹さやの千切りきくらげなどを混ぜて魚の上にのせ、銀杏、茸、三つ葉を添えて強火で10分蒸します。
だし300mlと醤油小匙1、自然塩小匙1/2を煮たたせ、本葛大匙2でとろみをつけます。
蒸し上がったものにこの葛あんと生姜のすりおろしも添えて頂きました。
  これは、お客様が来た時のおもてなし料理になりますね♪



そして、豚肉のみそ焼きは肉を焼いて取り出しておき、長葱としょうがの斜め切りを炒め、肉を戻し合わせ調味料を加えます。合わせ調味料は、醤油大匙5、甜菜糖大匙4、酒大匙3、味噌大匙2を混ぜたものです。市販の焼肉のたれでなくこの味噌だれは安心でしかも美味しかったのでおすすめです。
冷蔵庫なら2週間位保存がきくので、多めに作って保存してお弁当などにもいいですね。
我が家は肉の他、こんにゃくとカリカリに焼いた厚揚げやえのきだけも一緒にします。(私は肉をあまり食べないので)


今回の教室で、蓮根は咳や花粉症に効くということや、教室で昨年花粉症で鼻水が酷かった方が
先生に”梅しょう番茶”を入れてもらい効果大だった話がでました。
梅しょう番茶は、梅干しをたたいたものと、生姜のすりおろしたものを湯のみに入れ番茶を注ぐだけのものです。 我が家では毎朝飲んでます。
 
  これで、今年風邪を乗り切れたらいいな~            

豆腐チーズ

第一木曜日は”マクロ&家庭料理」教室に行きました。
今回は、こちら
DVC00084_convert_20091109220214no1.jpg  DVC00085_convert_20091109220304no1.jpg
メインは”たらと里芋の五目あんかけ”
籠には、高野豆腐の豆腐チーズカツとカボチャのコロッケin豆腐チーズ
そして”ほたてとすだちの海鮮サラダ”デザートは”栗蒸し羊羹”

”たらと里芋の五目あんかけ”は、里芋は素揚げ。
次にたらを下味つけて葛粉をつけて揚げる。
揚げた里芋、白菜、椎茸、ごぼう、長ネギ、しめじ、なめこをだし汁、醤油みりん、塩で煮る。
葛粉の水溶きでとろみをつけてる。
器に、たらを盛り、出来上がったあんかけをかけて柚子のせんぎりのせて色取りに。
片栗粉より葛粉のほうが、味もあっさりで、身体も温めてくれるそうです。
そういえば、風邪をひいた時は葛湯でしたね。

ほたてとすだちの海鮮サラダは究極の手抜き料理。
生食用のほたてをすだち(今回はかぼす)でサンドしてラップで包み冷蔵庫に30分寝かせ
皿の真ん中に海藻サラダを盛り付け、周りに綺麗にほたてを並べて醤油やポン酢で頂く。
これ、簡単で豪華に見えておすすめです(^▽^)/

カボチャのコロッケ、甘くてそのままでも美味しいけど・・
チーズ代わりに豆腐チーズをはさんで、チーズ風に。

豆腐チーズの作り方は、私も自宅でさっそくやりましたが
豆腐をよく水切りしてキッチンペーパーにくるんで上に徐々に重いものをのせ、最後は圧力釜をのせて水切りしました
タッパーに味噌を敷き詰め、キッチンペーパーにくるんだまま豆腐をいれて一晩寝かすと
豆腐がチーズのような硬さと風味になりました。
これを圧力釜でかぼちゃと玉ねぎを一緒に蒸してつぶしたものに包み揚げました。
なんちゃってチーズだけど大満足でした♪味噌は、また味噌汁に使えます

”栗蒸し羊羹”は小豆のこしあんを作り蒸して表面を綺麗にして栗を入れ再度蒸しました。
こちらで有名な「○ね屋の栗蒸し羊羹」よりあっさりして美味しいと皆さん自画自賛♪

こちらの教室には、若い歯科衛生士さんが来ているんですが
「いつも冷え性なのに、足先が暖かい。こんなに違うんですね」って驚いてました。
でも、具沢山の”たらと里芋の五目あんかけ”には、
「普段こんなに野菜を食べてないので食べきれない」ってタッパーに少しお持ち帰りでした。
 
  私?汗かきながらの完食でしたo(*^▽^*)o~♪

マクロ&家庭料理教室

通っている料理教室には、マクロのみとは別に”マクロ&家庭料理”もあるのでレパートリーを増やそうとマクロの友人と参加してきました。
”マクロ&家庭料理教室”は月に一回だけで、私も当初2月、3月の第一木曜日に通っていてました。
そして4月からKIJのマクロの教室に変わりました。
なので、第一木曜日のクラスの方とは半年振りに会いましたo(*^▽^*)o~♪

皆さんに、「別人かと思った!」とか「肌が綺麗になった。ツヤツヤしてる」とかびっくりされて
お世辞でも嬉しくなっちゃいました
私、抗がん剤でシミあり、目の下くまありなのに・・そんな風に言ってもらえて先生も喜んでいました。

今日の料理はこれ
DVC00032_convert_20091001162151n1.jpg
とんぶりの菊和え、牛肉コロッケ、高野豆腐と人参の煮物、栗茶巾

DVC00017_convert_20091001161455no1.jpgぶどうジャム。

 
とんぶりは”畑のキャビア”と言われるほうき草の実です。
そして食用菊を使ってますが、庭の菊でもOkだそうです。菊は目に良いそうですよ。
きゅうりも塩もみしてありますが、塩は少量で洗い流さなくて良いそうです。
合わせ酢には、かぼすの絞り汁も使いましたが、青柚子、酢橘でもOk。さっぱりおいしかったです。

肉は、週に1度のご褒美の感覚で極上の牛肉を少量使ってあります。玉ねぎ、長ネギも炒め酒、醤油、甜菜糖、みりんで味付けするので、それだけで食べてもおいしそうです(^▽^)/
茹でてつぶしたジャガイモに具を加え小麦粉、小麦粉の水溶き、パン粉の順につけます。
とき卵は使ってなく、あっさり和風コロッケのようでソースもかけずに頂きました。

高野豆腐は、なるべく重曹の入っていないものを選ぶと良いそうです。

栗茶巾は栗に1割の甜菜糖を加えすり鉢でつぶしたものをラップで茶巾に絞りました。
正月のお節にもいいですね。

ぶどうジャムは、40%の甜菜糖を加えて中火より強火で煮て皮が破れ汁がたくさん出たらざるでこしました。今までジャムは熟したものを使っていましたが、熟しすぎない(熟すとペクチンが少ない)新鮮なものが良いそうです。あ~今まで逆でした。しかも弱火で長時間煮てました


今日、話の中でパソコンも長時間はダメという話がでて
もし、使うのであれば麻のものを身につけて使うと良いと言ってました。

でも、
いつも”すべて完璧でなくてもいいのよ”という先生に出会えたことに感謝です

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

凛

Author:凛
2002年卵巣癌。
2005年まさかの乳癌。
手術、放射線治療、抗がん剤治療1年9ヶ月を経て現在ホルモン剤治療中。
皆と暮らせる今が幸せです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。