スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待望のBABY

長女夫婦、結婚して12年めにして待望の赤ちゃんが生まれます。この7日が予定日。
歩いて行ける距離に住んでるので、里帰りはしていませんが毎日来ています。
昨日は、「おしるしが・・・」 今朝は、「10分間隔で婿殿も午前中で帰ってくる」なんていうものだから行ってみましたが元気!
「少し遠のいちゃった(^u^)」・・うん、そんなもんじゃ生まれません。

次女は9月に2人目を出産し、帰ったと思ったら婿殿が異動になり引越しやらでバタバタ。
一息ついたら今度は長女です。
次女が一人目を出産してお見舞いの帰りのレストランで、ポロっと涙を流した長女。

やっとやっと会えます。
鹿児島のお義父さんは今月15日が70歳のお誕生日だそうです。その頃生まれれば最高の誕生日プレゼントになるでしょうね。
スポンサーサイト

母の33回忌

16日に、実母の33回忌を済ませました。

その時、49歳だった母。くも膜下出血で突然の旅立ち。。
それはもう言いつくせないほどの無念だったことでしょう。



母の年をとうに超え、
それを思うと卵巣がん後10年、乳がん後もうじき8年になる私は幸せです。

食事会で遺影写真を見た次女から「お姉ちゃんや、お母さんにそっくり」って言われました。


このところ、病気のことを忘れている日々だったけど
鎖骨下転移、リンパ節転移も多かった(多すぎる)自分の身体もう少し大事にしなくちゃいけないと改めて思っていると・・



昨朝から、腰が痛く変だな~って思っていました。
仕事場で、かがんで立ち上がる瞬間、動けなくなり・・これが、ぎっくり腰??~(~_~;)

たまたま居合わせたカイロプラクテックの方に、首から肩、腰まで調整(?)してもらい
なんとか、立てるようになりました。助かりました~
(カイロの方に言われたけど肩がパンパン・・)
  

ホントは帰りたかったけど、職場のパソコン(レジに直結)が故障してしまい電話でのやりとりで直す予定があり帰れず夕方までそのまま仕事。座るより立ってる方が楽でした。
湿布を貼り一晩寝るとだいぶ楽になり、今は軽い痛みに(^_^.)


24日は、通院予定なのでその時まで少し様子をみることにしましょう。





淋しいけど・・

6月26日に無事出産し、8月5日にはお宮参り&お食事会などの行事も済みました。


慣れない育児に戸惑う次女。
あ~私もそうだったよ。最初の子は不安だよね。

おうちゃんも大分しっかりしたものの、抱っこしてやっと寝せては、下に置くと起きるの繰り返し・・
あ~次女よ。あなたもそうだったんだよ。
でもはるか昔で。こんなに大変だったっけって思ったりも。。


栄養士という職業柄か、睡眠不足のイライラからかミルクの時間やオクルミのことでジイジと少々もめたりもしたけど・・
3月に引越し、周りに誰も知ってる人がいない次女が心配で少し長めの実家での静養となりました。



 17日(大安)に、夫と私仕事を休んで娘たちを旦那様が待つに送りました。
その朝は、おうちゃんにミルクを飲ませながら私も思わず
次女が買い物をしてる間お守りをしてからすぐに帰ってきちゃいました。
「帰るよ~また来るね」っと言うと、次女「本当はまだ帰りたくなかった」と大粒の涙・・
こんなに泣き虫だったっけ~あなた。めったに泣かない子だったのに。。



でもね~そういう私達も
帰りの車では、夫と二人無言で・・・(;_:)


そして家に着くとテーブルの上に次女からの手紙が。。。

2か月半実家で暮らして楽しかったこと。お産の時一緒に頑張ったことの感謝。
お産や子育ての大変さがわかったこと(まだまだ、これからがたいへんだよ~)
夫がミルクの時間に”神経質になるな。飲みたい時飲みたいだけ飲ませてやれ”の言葉に”その通りだった。
これからは神経質にならずのびのび育てたい”・・って綴られて
 おうちゃんの可愛い写真を切り抜いて”じいじ、ばぁば大好き”って。
その手紙にまたまた涙。


今までおうちゃんの玩具やおむつやらでいっぱいだったけど、また元の二人暮らしの部屋がやけにがらんとして広い。


 
でも、私も元気であなたの産後の面倒がみれてとても幸せだったよ。
毎晩9時から12時までは夫と二人でおうちゃんをみてあげてたけど、寝不足でも二人とっても楽しんだよ♪


いつでも困った時は遠慮しないで言ってね。頑張りすぎないで。
どんな時も、あなたを応援しているよ。遠慮しないで甘えていいんだよ。

ママになってもいつまでも私達の大事な娘だよ。


無事生まれました♪

25日の午後も、こ1時間ほど散歩した次女でしたが夜中11時40分頃、お腹が痛いような~と言いだし、表情からは「まだまだだな」っと思ったものの「5~6分置きなんだけど」というので病院に連絡し内診の結果すぐに入院しました。

最初は病室、どんどん痛みがまして陣痛室、そして全開になって分娩室に入ったのが4時。
婿が不在のため私がずっと付き添い、ビニールに覆われたテニスボールを渡され陣痛の波に合わせそのテニスボールをお尻に強くあて一緒に呼吸法^_^;

深夜から朝方にかけてで、ときおり看護師さんが見回りにくる位で娘と二人陣痛の痛みを乗り越えました。
髪を掻き毟ったり、自分の手を噛んで痛みをこらえる娘。
自分の時の方がよっぽど楽なような・・

陣痛の合間は、水分とらせたり団扇で煽ったり・・陣痛では手を握りお尻にはテニスボール

「もう限界」の声に助産婦さんを呼んで内診するも「まだまだ」数度・・(~_~;)


朝7時過ぎ内診で卵膜を破り破水させ、3度いきんで生まれました~

初産にしては早かったような・・風邪ひとつひかない健康な次女だからかな?!

本人「死にそう~だった」そうですが・・(笑)

009.jpg
無事6月26日、午前7時時25分3320gの男の子。

”おうすけ”と名づけ退院後は我が家で静養しています。

004.jpg 003.jpg

最近は、顔もしっかりしてきて3時間置きのリズムもでて扱いやすくなってます。
おうちゃんのパパも、6日には東京から帰り昨夜は我が家でお泊り。
親子三人で今は寝ています。


おうちゃんの伯父さんにあたる我が長男。
とても可愛がり、抱っこやミルクも参戦して寝かしつけたり。。ジィジもデレデレでおうちゃんは皆のアイドルです

まだですが・・(^^ゞ

末娘、予定日過ぎて毎日のように義母さんから電話頂くけどまだ生まれません。
婿がいる週末が望みでしたが、東京への帰りのバスを見送る末娘も切なそう・・


22日の検診では、3100gあるそうでだいぶ下がっているので”いつお産になってもOK”状態です。



自分の時は、最初は夢中で2番目3番目は、実母も亡くなっていたので、余裕がなかったような気がします・・

今は娘と一緒に出産の本を読んで、婿不在の時はしっかり付き添ってあげたい。


娘の成人式も見られないじゃと思った当時を思うと娘のお産の手伝いができる今の自分、本当幸せです。
家族に感謝です。




最近、出回り始めたとうもろこしのプリンや、葛プリンや南瓜プリン・・ピザをよく作ります。
とうもろこしのプリン、美味しいですよ♪

こちらは、紅茶とリンゴのシフォンケーキ。
米粉や豆乳、菜種油、米飴、メープルシロップなどで・・


001_convert_20120616080610n1.jpg

作っても写真撮るの忘れたり、ピンボケだったり・・(*^^)v

早く会いたいな~♪

末娘が、出産のために里帰りしています。22日が出産予定日。


最近、胎動も少なくなり昨日の健診では2800g位で、子宮口も2cm開いてるそうでもう少しの予感♪

和室には、ベビー服・ベビー布団・・・など準備万端(^'^)
 残念なことにパパは、東京で1ヶ月間学校で週末しか帰ってこれないので、できれば金、土曜日で生まれてくれれば最高なんだけどね~って○ちゃん(仮名)に向かって言ってます♪


私も夕方は新米ママの末娘とお散歩を楽しんでます。
早く、会いたいなぁ~



今日の、大雨でほとんど薔薇は終わりですね
021_convert_20120609062622n1.jpg 018_convert_20120609062727n1.jpg

元気になりました!

 入院当初は酸素マスクをして主治医からは”延命措置や、いつどうなっても不思議じゃない・・”と脅かされたけど無事、義母退院しました。

88歳ながら入院前まで家事をこなし耳の遠い義父の面倒もみていました。

ちゃめっけたっぷりで酸素マスク越しに先生や看護師さんとも仲良しになって私なんかよりもずっと社交的。
それに早く良くなって家に帰ると強い意志を持っていました。

「家には、耳の遠い夫が待ってるので早く帰りたい」と訴え、主治医も意思を尊重(?)しての退院でした。
義母いわく「ちょっと芝居した」なんて笑ってましたけど・・

今は、自宅でのんびり暮らしています。
「お爺さんが耳が遠いから大きい声だと疲れるから、あんまり喋らない」(笑)と私達が行くと喜んで迎えてくれます。
以前より少し距離が縮んだ気がして「実の娘と同じだよ」なんて言ってくれて嬉しい限りです。




私も先月で無事術後8年目に入りました。
当初リンパ節転移の多さにビビりまくっていたけど、今はすっかり寝込むこともなく元気にしていられること、我がままな私でも大切にしてくれる家族に感謝です。


 1月21日は、その時の入院日でもあり私の誕生日でもあります。
長女夫婦からは、チュニックやネックレス、次女夫婦からは、バッグや花を。長男からはバッグ(サボイ)をもらいました。私の好みを考え選んでくれた品々ありがたいです。
そうそう、夫からはお花の寄せ植えでした。給料日間近で少ないこずかいの中で選んだと思うと申し訳ないよう。
でも、普段から夕飯後は「早く風呂入りな」なんて言って食後の洗い物をしてくれたり、ゴミだしや、最近は朝の人参りんごジュースも担当になりました。それが一番のプレゼント。
上手く仕込んだというか、年をとったというか・・でも一番は人柄なのかな?
って思いっきりのろけている?! 今夜は出張で一人でいるので余計感じてます(^^ゞ


これからも、ゆっくりゆったり穏やかに暮らしたい♪
義父母を見習って(^_-)-☆

義母の入院

3日の夜、暮れから風邪ぎみだったという義母が救急車で運ばれました。
風邪の咳と思っていたものが、実は心不全の肺水腫のようでした。
(去年の丁度同じ頃、実兄も心筋梗塞で入院でした)


88歳ですが、今までずっと気丈に家事をこなし91歳の義父の面倒をよく見ていた義母です。
入院当夜は救急センターの入院棟で、発作が収まった義母は冗談言っったりして「すぐ帰る」と元気そうで少し安心していました。翌日には、循環器の病棟(相部屋)に移れ「楽になった」と言っていましたが。。

心電図などの検査の結果、6日に肺に貯まった水を減らす目的で酸素マスクをつけることになり、個室に変わりました。
装着した当初は「苦しい。やりたくない。帰りたい」と初めてだだをこねていたけど、主治医から「30分、頑張って!」と励まされ最終的には「3日、頑張って」の声に指で3をだし「3日なら頑張る」となりました。

食事やトイレ(ポータブル)の時だけは外して、鼻へのチューブにかえ食事も頑張ってとり(と言っても1/4位)「あんまり寝てばかりだと足がダメになる」と心配して足の運動したそうだったけど「3日頑張ったらね」となだめる位です。
昨晩は義妹が泊まり、朝から昼過ぎまで義兄夫婦が付き添い、その後は私達夫婦。今夜は義妹。
明晩は私が泊まる予定で、容態やお互いの都合で交代で付き添うことになりました。


私が義母に付き添い 夫と、義兄、義妹の3人で主治医からの説明を受けたところでは、8年前に大動脈狭窄症と言われてから、普通の高齢者なら2~3年で発作がおこるのに良く頑張ったということです。
そして、延命治療についても話が及んだそうです。
人口呼吸器をつけると障害がおきたり、心臓マッサージなどで骨折したりすることもあるそうで最終的には3人で相談してもしもの時は、延命治療はしない決断になったそうです。


義母は高血圧もあって、自分の弟が脳梗塞で半身不随で長年寝たきりの姿をみてるので「みんなに迷惑かけないで逝きたい」といつも言って、自分でも色々勉強してサプリやら水を飲んだりして頑張っていました。


私の母亡きあと本当にお世話になったし、明るく優しいお手本にすべき義母です。
マスクをしながら冗談言ったり、私の身体も気遣ってくれます。

義父の待つ家に早く帰れるよう頑張る義母。
乗り越えて、早く良くなって家でゆっくり過ごせるように。


なんだか眠れず、色々調べたりして珍しくこんな時間になりました。

明日、いやもう今日だけど
早番の仕事の交代を前から頼まれていたので、日中は仕事の予定。
そろそろ、横になることにします。。今夜熟睡してしまわないように。

6月の花嫁と・・

11日(土)は、末娘の結婚式でした。

P6111694n1_convert_20110624121417.jpg
花嫁姿を見た瞬間からこみ上げました。

ここの式場では、新婦と父親が入場してくる途中に母親が待ちベェールをおろします。


P6111695n2_convert_20110624121531n1.jpg
今までみた中で一番綺麗な姿でした。
そういえば、亡き父も私の花嫁姿をみてそう言ったとか(親ばか~)


P6111717n1_convert_20110624221119n1.jpg
167cmで7cmのヒールを履いた次女と、191cmの新郎。

無事に式も終り、披露宴。
P6111748n1_convert_20110624221453n1.jpg
ケーキカットの時、両家の親達も「前で見守ってください」と言われ前に行くと
ケーキの食べさせ合いの見本を・・なんて突然でした・・・
親戚が撮ったビデオにはなんと嬉しそうなこの私(笑) 
 ”お母さんのりのりだね”ってひやかされたわん

(今回の挙式に向け昨年末より、薄毛を改善して自毛でアップを目指し、リー○21に通ってましたが震災以降通うのをやめ、自宅のみの施術に励んだけど間に合わず今回もウィッグでした((+_+)) いつになったら。。)


衣装替えのエスコートのサプライズ。
P6111761_convert_20110624222619n1.jpg
年が離れ(姉と8歳兄と6歳違い)並んで歩くことが少なかったからって次女のリクエストで3人きょうだいで。

姉には「世界で一番優しいお姉ちゃん、これからも可愛がってね」
兄には「いつも友達が一杯で羨ましかったよ。これからも家族思いの元気なお兄ちゃんでいてね」って

長女、ほんとにおっとりで優しい。あなたの笑顔にいつも助けられてます。
長男も、元気もいいけど優しい。次女にお祝をあげて「これは、彼にも内緒でへそくりにしな」なんて言ったそうな・・・

P6111770n1_convert_20110624121655n1.jpg
和装の髪飾り、ちょっと大きかったかな・・新郎受けたお酒をほとんど捨てずに飲んだとか・・(笑)

P6111787n1_convert_20110624224143n1.jpg
彼の職場の同期もあたたかい応援いっぱいくれました。


21日の彼の昇各試験が無事終わり今は、ハワイに新婚旅行を楽しんでいます。
元気で大きなハネムーンベィビー期待してるよ~♪

末娘とのひととき

昨夜は、夫が飲み会のため、次女とふたり。
以前から次女に頼まれていた”アイロンがけ”を教えました。
我が家は出張の時のYシャツはクリーニング屋さんにだすけど、普段は私がアイロンをかけます。
友達宅のクリーニング屋さんで、店舗を改修オープンの時少し応援したことがあってけっこうできます(笑)

不器用を自認している次女ですが「毎日クリーニングはもったいないから、自分でアイロンがけする」
とやるきまんまん♪
いつもの夫のYシャツや次女が保育園で着るエプロン、普段使いの夫のズボンなどをアイロンがけ。
次女からは「お母さん、意外に神経質?」 「これ普通だから」なんて言い合いながら・・

こうして嫁ぐ娘に教えてあげることも親として幸せなひととき(^^♪



今夜も、夫は飲み会。(送別会シーズンで、今月はあと2回)
次女も、ブライダルエステに行くようで、私ひとり。何をしようかな~?


008_convert_20110307172420n1.jpg
先週のたっくん。いっちょまえにカメラ目線です(笑)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

凛

Author:凛
2002年卵巣癌。
2005年まさかの乳癌。
手術、放射線治療、抗がん剤治療1年9ヶ月を経て現在ホルモン剤治療中。
皆と暮らせる今が幸せです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。