スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勉強♪

昨日は”千葉県がん患者大集合2009”でした。
DVC00038_convert_20090907095632.jpg 
特別セミナーの”抗がん剤治療の最前線” や
基調講演(1)”がん治療のこれから”等がありましたが
私が個人的にとても解り易く身近に感じられたのが千葉市と姉妹都市のアメリカ、テキサス州
ヒューストン(宇宙開発や、医療従事者が多い街だそうです)からみえた
テキサス大学MDアンダーソンがんセンター内科教授の上野直人先生
”最高のがん医療を受けるための患者学”でした。
先生自身もがん患者だとカミングアウト(?)されて少し身近に感じられました。

アメリカのがん患者との違い点は

・患者の力  ・患者を育てる力

癌のチーム医療とは
チームA 医師、看護師、放射線技師、薬剤師リハビリ技師などの医療関係者
チームB ソーシャルワーカー、心理職、福祉職、臨床スピリチュアルケア、図書館など
チームC 家族友人、基礎研究者、製薬メーカー、NPONGO、政府など
それぞれのチームが患者の満足度(病気を治す・あるいはコントロール、満足の高い生活、完全な納得と理解)のためバランスをとり連携・協力しあう。
そして患者自身もチームの一員である。

システムを変えるのは簡単ではない
自分自身を変えるのは可能である



【最高の医療を受けるための9か条】
1、がんは慢性病である あせるな
 ・パニックになる必要はない 
 ・マラソンを走ると思う 自分に合った最高のコーチを見つけペースを作り長期と短期のゴールを決める

2、医師の話した内容を取得する
 ・家族や友人と話を聞く 正確に話を覚えていてくれ客観的に判断してくれる
 メモを取る
  医師の許可を取って説明を録音する
 ・録音を怒る医師や病院はダメ 

3、医師の話した内容を解り易くする
 ・ 理解できる言葉で話してもらう
 ・書いてもらったり、説明された図やメモのコピーをもらう
 ・医師に自分の病気の自己学習法を聞く (参考の本やネットのサイト)

4、質問上手になる
 ・質問するタイミングも重要で整理整頓して質問内容を渡しておくのも1つのアイデァ

5、医師の話した内容を消化する
 ・他の人に説明できるくらいの理解が消化したと言える

6、標準療法なのかそれとも?!
 ・根拠を探る 

7、治療・ケアを決める
 ・ベネフィト(恩恵):プラスになるか
 がんが小さくなる・長くいきられる・生活をたのしめる精神的にいいか
 ・リスク(危険度):危険はないか
 副作用・程度 リスクを知る(リスクのないものはない)

8、自分の希望を伝えましょう
 希望は常に変わる。最初に嫌だと伝えても気持ちが変わったら伝える。

9、恐れずに果敢にチャレンジしましょう
 納得が行っているか(セカンドオピニオン)
 臨床試験への参加も考慮する
 
 
医者は問題解決をしたがり治療優先になり患者の話を聞かない。
患者は疑問を待ちながら医者に相談できない。
医者は寿司職人。客はネタが悪くても文句は言えず、職人は自分のおすすめをだす
患者は疑問があったら理解するまで聞き、自分が本当にして欲しいことを話す。


うまく説明できませんが、
上野先生は、医者で自分自身ががん患者という立場から両者の気持ちがわかる方なので、お話の内容に勇気と共感をしました。
 

そして、患者・医師・回りの人間がコミニュケーションを取り夢を持ってがん医療に取り組んでいく
「がん医療のドリームチーム」を作っていく活動をしているそうです。


会場には小倉恒子先生も聴衆として元気におみえでした。



病気に勝つ さらに自分に克つ


スポンサーサイト

ささゆりさんへ♪

お互い、いくつも病気を経験してますね~。

ここ何年かでも、自分の病名や治療法もはっきりわかり、セカンドオピニオンも一般化し、病院と患者の関係も変わってきていますよね。
上野先生のチームの取り組みがうまくいって、
更に改善されると患者ももっと希望が持てると思います。
医者任せではなく、
自分ももっと勉強しなくてはいけないですよね。

まだまだ、負けられませんよね。
お互い頑張りましょうね(^▽^)/

千葉県のがん患者大会、盛況のようで良かったです~♪

自分の病状や治療を知るって大切ですよね。
私も受けてる治療がザンクトガレンの治療指針と同じだったので、
主治医を信頼するようになりました。
最初は乳がんにいろいろ種類があるなんて思わなかったし、
患者が勉強するなんて考えなかった(^^)
でも自分の体だし、納得のいくように、ですね。

sanae さんへ♪

今日は涼しくて身体も楽ですね。
庭の花達もホッとしてますね。

今は、身体を休めて次の準備ですよね。
共生して戦いながらも、無理せずいきましょう。
sanaeさん、頑張れ!

標高480mさんへ♪

検査結果、以前から心配された白血球も正常になって
安心しました。

講演会、患者会から連絡があり行ってきました。
気持ちも↑しました(^▽^)/
”自分に渇”・・座布団1枚o(*^▽^*)o~♪ 私も同じですv-221

お疲れさま

凛さん 収穫のある講演会でしたね。
私はしばらく休止、自分ががんの末期患者であることも忘れてみたいと(笑)
できるかなぁ~
10年一昔ってことあるしね。

有意義な会に参加されて良かったですね。検査結果も良かったみたいで安心です。私は今月末に診察です。
私もちゃんと勉強して、納得できる治療方法を取りたいですね。
私の場合は「病気に勝、自分に喝」かな(^_^;)

michi さんへ♪

実際に講演を聞いたり
患者会に参加したりはとても力をもらえます。
機会があったら是非出かけてみてはどうでしょうか?!
 
いつか一緒に出かけられたらいいですね(^▽^)/


桂さんへ

先日は残念でした。

上手くまとめられなくて、
実際の先生の話とニュアンスが違うところもあるかもですが・・

医者としての立場からだけでなく患者の立場からも話されていて
心に響き共感する事が多くまた楽しく聞けました。

次回機会がありましたらまたお誘いしますね~(^▽^)/

こんにちは

勉強会、とても
有意義だったようですね。
私も、つい面倒がっていましたが
そういう機会があったら少し刺激を頂きに
出席するよう心がけます。
いつも貴重な話、ありがとうございます。

おはよう!
重ね重ね参加できなくて残念です。

詳しくメモしてくださってあってとってもありがたいです。
コピー保存しておきたいと思います。
又、良い出会いになりましたね。

れんぎょうさんへ

上野先生にお越しいただきびっくりしました。
れんぎょうさんのおっしゃるとおり、勇気100倍以上です。
とても恐縮ですが、これも先生のお人柄なのでしょうね。
先生の患者さんが、うらやましい。


れんぎょうさん、お騒がせしましたがフォント直りました。
テンプレートを少しいじりましたが何故かも自分自身でも
解っていません。ありがとうございましたo(*^▽^*)o~♪

上野先生へ

日曜日はありがとうございました。
お疲れの中、本当にありがとうございます。
こんなつたないブログで(恥ずかしいかぎりです)
先生のおっしゃりたかったことが間違えずに伝えられたか、心配なのですが・・

講演とてもわかり易く、ずっと!うんうん”と頷いておりました。
会場にいた皆さんの顔もそれまでのむずかしい顔から、ゆったり輝いていましたね。私自身もです。

リンク、恐縮ですがさせて頂きます。
本当にありがとうございました。


おはよう

まっ!驚きです。
上野先生がお越しですね。
細やかな お心遣いに、凛さん勇気100倍以上ですね。
うらやましいです。

上野先生の講演会、北海道では札幌で開催されたようです。
私の地域の開催では、参加者不足かもしれません。
閉鎖的地域がネックになってるかも、です。
上野先生のような医師が多くなること願っています。

凛さん、ブログサイドバーのフォントサイズ直りましたね。
昨夜、私も確認しましたが、そのときは大文字でした。
どうなっているのでしょう。 
後ほど、ご連絡いたします。

ありがとうございます。

講演に関して書いていただきありがとうございます。また、サイトをリンクしていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
Secre

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

凛

Author:凛
2002年卵巣癌。
2005年まさかの乳癌。
手術、放射線治療、抗がん剤治療1年9ヶ月を経て現在ホルモン剤治療中。
皆と暮らせる今が幸せです。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。